月2回の定例活動など、緑のダム北相模のさまざまな活動を紹介しています。
定例活動報告 第475回 (小原本陣の森)
 今日は秋晴れの良い天気にめぐまれた。地主になる小林幸治氏の自宅を訪問し新基地を貸借するうえでの詳細をきめた。
 11月11日さがみはら市民活動フェスタ2018に緑のダムとして初めて参加するに当たり、食ブースを運営することになった。中身は、本陣焼きを学生たちで復興させたい!という意気込みを説明し、本陣焼きを今年までで終わりにしたいと、今まで頑張ってこられた奥様にお越し頂き詳細の詰めを話をすることができた。
 今日は、横浜市立鴨志田小学校から金井先生と研修者のお2人が参加された。緑のダムの活動は有名で自分たちも研究したいということで自主的に参加された。私は、金井先生達を嵐山の基地内をご案内した。その後、小原の新基地に戻り、全員で大々的に整備を行った結果、今後設置予定の道具小屋のイメージもできこれからの構想を話し合うことができた。広場から相模湖が眺望できる場所にあり、そこにベンチとテーブルを設置、周りにバラを配置し散歩をする住人の方々が小休止できるスペースを作りたいなど周辺を含めたトータルコーディネイトまで話は膨らんだ。地域と若者と少しのよそ者が作るこれからの地方の発展形態モデルを期待する。
| kitasagami | 森をつくる、定例報告(小原本陣の森) | 00:17 | - | - |





     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
最近のエントリー
カテゴリー別エントリー
アーカイブ
緑のダム北相模 サイトメニュー