月2回の定例活動など、緑のダム北相模のさまざまな活動を紹介しています。
定例活動報告 第470回 (嵐山の森)
 梅雨の合間で一雨来そうな空だったが、一日中持ってくれたので一変活動日和だった。前日までの雨で土が泥濘転倒者が出ないことを願うまでだった。
 森林整備班は、午前中基地周辺の草刈を行った。原田先生や石村さん、川田さん、角田さん、岡田さん、石原さん、薄井さん、二年ぶりに参加の白石さんも加わって頂き捗った。
 石井さんが畑の都合で活動には参加できなかった分、キュウリを沢山持ってきてくれたので、学生たちは「家にお土産ができた」と喜んでいた。
 午後からが、本日のメインテーマの基地の三画小屋の解体作業を行った。4時から交流センターで総会があるので、遅くとも3時にはキッカリ終わらければいけないのだが・・トタン板は頑丈に釘で止められていたため想定以上に時間を費やしてしまった。躯体の解体はもっと頑丈でバールや木槌、鉄パイプなどを振り回し危ない状態だった。構造が現れる毎に解体ポイントが見えてきた。横屋根は乗せてワイヤーで縛ってあるだけだと見破り、皆で横にスライドさせて落とすことに決め、引き始めた途端、思わぬ方向の柱が倒れたため一瞬にして小屋が潰れるという惨事が起きた。運よく誰もいない角度で怪我人は出なかったものの、現場監督としては皆に責められる運びとなった。
 ヒヤリハット危機管理をもう少し徹底しないと、事故が起きてからは取り返しがつかないことだ。今後は十分な注意を怠ら無いよう活動を指揮するべく反省させられた。お陰で、解体作業は思った以上に進み、時間内に予定の作業を終わらせることができ、4時からの総会に全員が間に合うことができた。
 総会決議はスムースに進み、懇親会も「危機一髪の話」でもりあがった。無事終わって良かった。精神的に久々疲れがでて帰りの電車も寝過ごす始末でした。(報告:小林 照夫)

 地球環境部は昨年雨が続いて完了しなかった植生調査を行った。これまで東海大高輪台高校がSSHのリベラルサイエンスとして行ってきた範囲に3つのコドラートを作っており、そこでの継続調査。もちろん我々だけでは心もとないので、学芸大の小柳准教授に指導してもらうことになった。事前に小柳先生の研究室にお邪魔して、調査の計画、準備などなどを進め、かつ今回からiPad数台を持ち込み、私のスマートフォンからテザリングし、千葉県の植物図鑑にアクセスしながら同定を行う試みを行った(通信量がどれくらいになったかは教えられません)。さらに特徴的な植物については学校に持ち帰り、標本作りにも取り組むことになった。今回の調査は8月の環境教育学会でのメッセ発表(NPOや企業がPRできるスペース)を行うことになり、生徒たちもそのつもりで眼差しは真剣そのもの。午後からは初参加の生徒も多くいたため、間伐を2本。この区画はこの3月までだがまだまだ欠頂木や曲がってしまった木が多い。なんとか期日までには作業が終わりました、と言いたいが、焦って怪我や事故をしては意味がないので、焦らず、ぼちぼちと、と行きたい。今後も活動を継続する望星の森はまたしても林床が暗くなってしまい、追加の間伐が必要だと思われる。この辺りのペースや間隔が針葉樹林とは違うのではないだろうか。(報告:宮村 連理)
 今回は、主に植生調査と木を切る作業をしました。植生調査では、1平米の範囲に、たくさんの植物が生えていることがわかり、驚きました。中には、全く知らなかったような植物もたくさんあったので、面白かったです。
 午後は、皆で大きな木を数本切りました。みんなで頑張り、息を合わせて綱を引き、木が倒れた時にはとても感動しました。また、切った時に残った破片の皮をはぐと、そこがとても湿っていて冷たかったです。これは、切ったばかりでないと、こうならないそうなので、とても貴重な体験ができたと思いました
 これからも、このような体験をたくさんしたいです。
| kitasagami | 森をつくる、定例報告(相模湖・嵐山の森) | 00:08 | - | - |





1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
最近のエントリー
カテゴリー別エントリー
アーカイブ
緑のダム北相模 サイトメニュー