月2回の定例活動など、緑のダム北相模のさまざまな活動を紹介しています。
経営運営会議 議事録
【1】定例活動
A相模湖・嵐山の森
(1)8月20日(第3日曜日)
◎定例活動:
 [1]森林整備班:林内整備、深沢高校より
 [2]花畑班:整備。嵐山の入り口の草刈り
 [3]木工班:野地板取り付け
 [4]地球環境部:高井戸中、三鷹第二中、学大小金井中、計15人
 [5]フォレストノバ:大名行列の練習で小原に
 [6]生命の森宣言東京:数名参加の予定
◎神奈川県立深沢高校:8月19日(土)2名、8月20日(日)5名

(2)9月17日(第3日曜日)定例活動予定
地球環境部は学大小柳先生指導で植生調査

(3)その他
 [1]7月18日(火)嵐山ゴミ処理:津久井クリーンセンターへ運搬処理を行った。(軽トラ2回分)
 [2]嵐山使用契約書:鈴木さんの奥さまで見直し検討中。
 [3]嵐山の長期施業受委託:津久井郡森林組合と故鈴木史比古様が契約。
 [4]津久井郡森林組合と打合せ・確認をする予定。

B小原本陣の森
(1)8月6日(日)萩山で巨木の林内製材。サンプル輪切り2枚。さがみ湖森モノ・研で搬出検討。

C知足の森(長福寺)地球環境部(三鷹第2中学)
(1)7月2日(日)小原側の所有林の調査を実施、さらなる精査に公図が必要
(2)8月6日(日)森の入口の階段づくりを実施、間伐も1本と深沢高校で1本実施
(3)9月もGPS調査の続き

DForesToClass(森と暮らす)活動。(参加費の徴収方法の検討必要)
(1)7月2日(日)萩山で伐倒巨木の処理。(林内でテーブル材料を製材)
(2)8月6日(日)萩山で伐倒巨木の輪切り処理、製材。
(3)9月以降の活動を確認

E麻布大学との学術協定:(知足の森、GPS記録、宮村)
活動は継続中

F報告・その他
内野さんの梅林整備の手伝いをJFIKと協働で行う

【2】イベント&地域活動
 [1]実施済み、7月22日(土):孫山ハイキングコース整備。小原の郷集合。午後から小原活性化協議会。(川田が斎藤代理出席)
 [2]実施済み、7月31日、8月1,2日:小菅村で地球環境部合宿、チルホール実習。
 [3]実施済み、8月4日(金)、5日(土):緑のダム自然体験教室を実施(小原:集会所)。地球環境部、小原。
 [4]実施済み、8月5日(土)、6日(日):県立深沢高校「夏休みインターンシップ」。2名(小原)。
 [5]予定、8月19(土)、20日(日):県立深沢高校「夏休みインターンシップ」。5名(嵐山)。
 [6]予定、9月24日(日):「相模湖コンシェルジュ」大人25名(嵐山)。担当、淵上)
 [7]予定、9月23日(土)、24日(日):小金井宮地楽器ホールにて積み木イベント
 [8]予定、11月学芸大学祭積み木のイベント
 [9]予定、8月29日にFMさがみに出演予定。地球環境部から学芸大小金井小金井中の生徒がコメント予定
 [10]環境省グッドライフアワードの受賞ビデオが環境省ウェブサイトで公開予定。プレビュー版の確認を行った

【3】理念活動、会議、補助金他
(1)7月28日(金):谷田部事務所を訪問。長期に亘る顧問のお礼。残務書類を受領。(川田浩、小林照夫、川田晃、石村黄仁)
(2)リユースパソコン1台8月26日説明会
(3)「(仮称)相模原市市民の森」:検討会、自由クラブからの連絡待ち。
(4)さがみはら市民活動フェスタ(11月12日)は、不参加回答した。

【4】関連組織
(1)森・モノ研:[1]積み木[2]製材所[3]集成材
(2)WB(ウッドバンク蝓
 [1]弁当箱:抜き型/テスト予定。実物の披露。
 [2]3次元計測:8月の定例活動に深沢高校に紹介。

【5】事務局・組織・会計の体制
 ◎会計手続:現金出納管理(川田晃:会費・参加費・支出・立替費用清算)。通帳管理・団体申請(小林照夫)
 ◎ニュースレター原稿(宮村)、若者の森[1]知足の森[2]ForestNova[3]ForestClass
次回の運営会議8月11日(金)休日だが通常通り。9月の会議には原田先生は不在(服部さんが印刷担当)

【6】継続案件
 [1]会員募集:会員名簿の整備会費納入催促
 [2]メーリイングリスト整備済み、正会員連絡用に
| kitasagami | 経営運営会議事録 | 23:44 | - | - |





     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
最近のエントリー
カテゴリー別エントリー
アーカイブ
緑のダム北相模 サイトメニュー