月2回の定例活動など、緑のダム北相模のさまざまな活動を紹介しています。
定例活動報告 第438回 (知足の森)
 今回も前回に引き続き、長福寺すぐ下の沢の斜面の整備をしました。前回まででかなりきれいになってきましたが、まだまだ竹が多く見通しが悪かったので、まずは竹をすべて刈り払ってみて、その後間伐するものを決めよう、ということになっていました。当日は夕方から雨の予報も出ていたので、少し焦る気持ちもありましたが作業に取りかかりました。
 普段から学校の近くの国立天文台で竹林整備をしているとあって、竹の作業には慣れたもので、竹を切り出して道路脇に出す生徒、それの枝を払い、ある程度の長さに切っていく生徒、それらをきれいに並べていく生徒と分担ができ、どんどん見落としがよくなってきました。この日は長福寺で地域の方の集まりがあったようで、参加されている方から自分の畑の資材にしたいので、と竹の太さ、長さを指定してのリクエストがあり、有効に活用してもらえるなら、と中学生も頑張って作業をしていまいした。

 お昼を挟んで作業は進み、もう一歩というところで雨がぱらぱらとしてきました。しかし、本当にあと一歩というところでしたので、中高生たちに気合いを入れて、一気にやってしまいました。そのかいもあって沢の斜面の手前から対岸の斜面まで見通しがよくなり、長福寺の住職さんも喜んでおられました。来月からはいよいよ間伐を始めたいと思います。まずはシュロなどの雑木を整理し、見通しがよくなりそうなものから選木して作業したいと思います。

 またこの日は7、8年前に望星高校の生徒として森に参加し、社会人になった岡田さんとその中学のときの友人も参加してくれて、にぎやかな活動になりました。中学のときの友人は東京都の環境局に勤められているということで、中学生の環境活動に興味が会って、という参加でした。フィールドは東京にないのですが、参加する生徒はみな都民ですので、そんなつながりを今後は深められたらと思います。
| kitasagami | 森をつくる、定例報告(知足の森) | 21:54 | - | - |





1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
最近のエントリー
カテゴリー別エントリー
アーカイブ
緑のダム北相模 サイトメニュー