月2回の定例活動など、緑のダム北相模のさまざまな活動を紹介しています。
定例活動報告 第434回 (知足の森)
 知足の森は定例活動日前日の3日に臨時活動として行いました。山主の長福寺さんからお寺すぐしたの道路に倒れかかっている巨木がありなんとかならないかと相談があり、同時に森も暗いので優先的に取り組みたいということで今回はお寺から近いところでの作業となりました。面積的には0.2ha程度なのでたいしたことはないと踏んでいたのですが、沢沿いということもありかなりの急斜面でした。よって、参加した中高生を作業ができ、斜面でもやれるというメンバーと、無理そうだというメンバーには違う仕事を割り振り、まずは現況の確認、ナンバリングを行いました。
 これまでにも竹の除伐をしていたので、慣れてはいる場所ではありましたが、今後の倒木処理もあるので全ての竹を伐ることにし、竹を切るチームと毎木調査のためのナンバリングのチームに分かれました。ナンバリングのほうはあちらこちらに移動しながら声をかけあわねばらならないのでチームワークが要求されるなかなか難しい作業です。午前午後と順調に作業をすすめ約100本のスギヒノキがあることがわかりました。例によりどこからか生えてきたシュロも数本あり、こちらも伐ることにしています。今回のデータをもとにきちんと計算すると833/haとなり、径も大きいこと、森がかなり暗いことからも半分程度は切ってはどうか、ということになりそうです。また4日の小原の森定例活動後にはフォレストクラスのプロ2名、森林整備班も合流し、さらに詳細に下見を行いました。その結果、電線や電話線も複数あり、場合によってはきちんと手続きをとっての取り外し、またガードレールについても取り外しての作業が必要になることがわかり、来月に住職さん同席のもとさらなる打ち合わせを行うことになりました。雪も心配なため、この大きな倒木は公道が通れなくなる可能性もあるので、相模原市などに連絡し、対応してもらうことも含め、打ち合わせを終了しました。来月の活動日は三が日にあたるので、今月同様に臨時活動を行う予定です。また公図をもとにした簡易測量も行いたいと思っています。
 この1年間無事に作業ができたのもみなさまのご支援、ご助言、そして、活動に理解をしていただいた住職さんのおかげです。ありがとうございました。2017年も安全に配慮しながら活動を行いたいと思っております。
| kitasagami | 森をつくる、定例報告(知足の森) | 22:40 | - | - |





1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
最近のエントリー
カテゴリー別エントリー
アーカイブ
緑のダム北相模 サイトメニュー