月2回の定例活動など、緑のダム北相模のさまざまな活動を紹介しています。
定例活動報告 第463回 (知足の森)
 今回も前回に続き枝打ちを行った。参加する中高生もだいぶ作業に慣れてきている。前回は恐る恐るハシゴに登っていた生徒も自信を持って、作業に取り組んでいる。ハシゴごとに指導者をつけ、設置を確認し、バンドで固定し、という作業も自分たちでできるようになってきている。ただし、それなりに太い木もあるので、いざハシゴの頭頂部の鎖でハシゴを固定しようとしても長さが足らず、下の方を縄で縛る、という方法にいささか不安を感じていたので、今回は荷造り用のバンドを用意した。大抵バンドの固定具をなくしてしまいただの「ヒモ」となってしまうのもよくあるパターンなので、外れないタイプとバンド自体を鮮やかなオレンジ色のものにした。これでまず胸の高さくらいでしっかり固定し、作業をすることにした。予想以上に強力に固定でき、もはやこれだけで作業ができるような気になってしまうほどだった。しかし安全には安全を、ということで、ハシゴの上半分以上の高さでもう1本同じバンドで固定することにした。
 ここまで設定すればあとは水を得た魚のように、中高生たちは次から次へと枝を処理していった。こちらも前回までに試していた木登り器を使い、6mのハシゴのさらに上に登って作業する猛者も現れた。頼もしい限りである。自分もついつい夢中になって作業してしまった。知足の森はまだまだ作業が必要な区画があり、若者が腰を据えて活動する森にしていきたいと考えている。宮村 連理(本会、副理事長)
| kitasagami | 森をつくる、定例報告(知足の森) | 18:35 | - | - |
定例活動報告 第461回 (知足の森)
 知足の森では、先月の嵐山の森での枝打ちの「練習会」を経て、本格的に枝打ちを始めました。現在、知足の森では、境界線の確認ができたところから作業を進めていますが、その中でももっとも広い区画ではスギヒノキの手入れが遅れており、枝打ちも「しがい」のある木がたくさんあります。間伐も並行して行いたいのですが、まずは現状を掴む、という意味も含めて、枝打ちに取り組むことになりました。高さはかなりあるのですが、手入れが遅れているためか、全体的に細い木が多く、それでもハシゴの頭頂部の鎖が届かないものもあり、この点については安全確保という意味でも次回の宿題としたいと思います。作業自体は中学生、高校生、大学生とスタッフで9名、ハシゴ3本で32本の枝を打つことができました。安全ベルトの本数が限られているので、うまく回し、時間のロスがないようにし、ハシゴに登っていない生徒は落ちてくる枝に注意しながら、枝を集め、整理していきました。枝打ちは自分で進められる活動なので、すっと作業に集中して、自分で仕上げた木を見上げた時、充実感がある活動です。高い所が苦手、という生徒もいますが、みな、チャレンジ精神を持って取り組んでいました。また受験を終えた3年生も「復帰」してきており、後輩の指導をしてくれたりと活気がある1日となりました。今回はそんな3年生の報告も掲載させていただきます。

宮村 連理(本会、副理事長)

 今回は久しぶりの参加で知足の森での枝打ち作業をした。その時の後輩たちの動きが、前に参加した時より早く感じた。後輩の成長を嬉しく思う反面、少し焦りも感じた。枝打ちではむかでばしごを使い木に登りながら生えている枝を切っていくのだが、その日はとても風が強く高く登ると木が揺れた。自分も含め一緒に作業していた後輩は最初のうちは少しビビっていたが、だんだん慣れていった。(自分より後輩の方が先に慣れた)枝打ちの作業自体は割と簡単な部類に入るのだが、長い間枝打ちしていなかったせいなのかやたらと太い枝が多く、また数も多かった。枝打ち用の鋸を使ったため(無くしかけたのは内緒である)この日は全体合わせ32本枝打ちすることが出来た。
 久しぶりの参加であったが特にトラブルもなく(?)作業が出来たのでよかった。これからはまた定期的に参加することが出来そうなので、今年一年も後輩たちと共に地球環境部の活動をしていきたい。

吉留 瑞貴(三鷹市立第二中学校3年)
| kitasagami | 森をつくる、定例報告(知足の森) | 18:31 | - | - |
定例活動報告 第458回 (知足の森)
 今月の活動も前回に引き続き、午前スギヒノキ林での間伐、午後は広葉樹の除伐を行いました。参加者は中学生中心で11名、高校生以上3名でした。初参加だった2名の感想をご紹介します。
 今回、私は初めて木を伐採するという活動を体験しました。私は課題研究「実際に取り組む環境問題」ではなかったのですが、偶然誘われてこの活動に参加することができました。日本には、木が生えすぎて手付かずのまま放置された森林があることはなんとなく知っていました。しかし実際にそのような森林を間近で見たのは初めてだと思います。木が多すぎて、地面に日光が当たらないような状態だった森林が、自分達の手で木を一本ずつ切っていくことでだんだん明るくなっていきました。作業が終わった後の森は、する前の森とだいぶ変わっていて、達成感がありました。実際に環境問題を目の当たりにしたことで得られたことがたくさんありました。今回、森で作業したのはおよそ五時間で、人数は十数人でしたが、伐採することのできた木は三、四本ほどでした。機械を使えば早いのだと思いましたが、それでも手付かずのままの森林が日本中にあるならばよりたくさんの人が森林の今の実態を知って改善していかなければならないのだと感じました。こうして私たちのような日本の中学生や高校生などの学生が自然環境の改善に直接関わっていけるのはとても良いことだと思いました。これからもこの活動に参加して、日本の自然環境のことを引き続き学んで実際に動いていきたいと思います。
横山 寧菜(東京学芸大学附属小金井中学校2年)
 初めて、山へ行き環境問題に取り組むということをして大変だったこと、辛かったことがありましたが多くのことを学ぶことができました。一つ目は森林の環境問題について。木が多くあると一本当たりの栄養量が少なくなり立派な木材になることが出来ないし、健康な山をつくっていけないので間伐をしている、などと現在の環境問題や、それを解決するための工夫を知ることができました。また、それに実際に取り組むことで理解が深まりました。二つ目は行動に移す大切さについて。どの木を切ればいいのか自分で考えたり、山では急な斜面や歩きにくいところを一人で乗り越えたりというこれまで経験したことのないことをして自分で考えて行動することが大切だと感じました。また、環境問題は意見するだけでなく行動しないと解決できないように、考えを行動に移していくのが重要だと思いました。教科書などの上でしか学んだことのなかった環境問題を実際に自分で見て解決していくという貴重な経験ができました。今回で終わらせるのではなく、ボランティア活動などを通してこれから環境問題について深く考えていこうと思います。
三科 光葵(東京学芸大学附属小金井中学校2年)
| kitasagami | 森をつくる、定例報告(知足の森) | 20:37 | - | - |
定例活動報告 第456回 (知足の森)
 今月の活動は参加者が少なめだったが、フォレストノバ3名も合流してもらったこともあり、知足の森での間伐を行うことにした。これまで主に広葉樹が中心の森、お寺のすぐ脇の沢沿いのボサ刈りと竹の整理、さらには森全体の調査というのが主な作業内容だった。森全般はやはりスギ、ヒノキは多く、間伐の必要性は感じていたが、なかなか手をつけてこられなかったこともあり、いい機会ととらえ、入り口から入って、まず気になったところの作業とした。
 フォレストノバチームと地球環境部チームとわけ、各々作業を始めた。ここも沢沿いの斜面ということでできるだけ、等高線に沿って倒し、その後の処理を楽にしたいという思いはあったが、どうしても倒しやすさ優先となってしまう部分もあった。沢の反対側まで木が倒れてしまうと途中の玉切りが大変になってしまうからだ。またフォレストノバも自分たちだけで間伐するのは初めてということでゆっくりゆっくりと丁寧に作業を行なった。沢に掛かってしまったものは橋としてうまく活用していて楽しそうだった。作業の結果、樹高20m弱の林木ではあるが12本間伐し、玉切りまで行えた。かなりの達成感があった。この日は春から参加していた学芸大附属の中学生がおり、感想を寄せてもらったので、次に紹介する。
 今回の森林伐採は4度目となるが、森に行く度に環境に対する気持ちがだんだんと積極的になってきていると思う。初めて森に行った際にはなぜ環境のためにこのようなことをしなければいけないのかと感じていた。しかし、いざ森に入って木を伐採してみると、森ならではの落ち着く感じや、生物がたくさんいて水が流れている様子を見ると、環境に対して興味がわいてきた。課外授業のみならず、学校や、家でも環境に対する自主学習や、調べ学習を行い知識も深めることができてさらに良い形で意欲に結び付けることができた。今では木を切る時に、その木が育ってきた年月を思いながら1本1本気持ちを込めて切っている。道具を持った時、雰囲気も最初とは違い、ワクワクするものとなった。森での活動にも自ら参加することができている。環境を守っていく上で僕たちのような若い世代が積極的に考えて、行動することが必要となってくるであろう。そのような中で環境に対する気持ちをこの活動を通して育むことができたということに大きな喜びを感じている。
大西 尚典(東京学芸大学附属小金井中学校2年)

 現在の勤務校になってから強く感じるのはやはり、活動を重ねることに意義があるということである。そしてそれを中学生たちに感じてもらうことだと思う。これまでは部活動という形である程度、こういう活動が好きな子どもたちがある意味「自動的」に参加する傾向があったが、本校生徒のように、きっかけは授業だったかもしれないが、活動を積み重ねるなかで自分の気持ちややりがいに気づいていく、ということが重要だと思い始めている。また、そのための仕組み、仕掛けづくりの重要さも同時に強く感じている。                               宮村 連理(本会、副理事長)
| kitasagami | 森をつくる、定例報告(知足の森) | 20:35 | - | - |
定例活動報告 第454回 (知足の森)
 今月の活動は第1日曜日に作業できなかったので、9日に振替えて作業しました。先月に続いて境界線を確定するためにポケットコンパスを使い斜面を登っての作業です。先月よりも尾根に近づいてきたため、斜面が急になってきていて、立つのもやっとの角度でした。先月の調査でおおよその距離感がつかめたこともあり、今回の到達地点は前回の3倍の距離、というよりもゴールの尾根としました。この境界線確定の作業は私が勤務する中学の生徒が中心となっておこなっています。総合的な学習の時間の講座のひとつ、「実際に取り組む環境問題」というテーマです。実際に森林整備が進まず、そして地主さん自身も自身の所有林が把握できず結局整備されてこなかった森をどうしますか、という課題に対して、まずは区画を把握しよう、というのがこのチームの目的です。先月のチームの生徒がほぼ目処をつけてくれているので、今回のチームはその続きです。おおまかな原理は勉強してきているので、現地では実際にポケットコンパスをいじりながら、測量を進めました。この作業は意外に目標地点でポールを持つ生徒が重要な役割を担っていて、コンパスの視界に入るよう、うまく動いていかないと、距離をかせげません。今回はポール係が前回と同じ生徒で機敏に動いてくれる生徒でもあったので、ポケットコンパスをのぞいている生徒の指示にしっかり応えてくれていました。そして何よりも重要なのは、長い時間手入れがされていないので、目標地点のポールまでの間に多くの雑木が邪魔をしています。これらをざっと刈るというのは作業に慣れている地球環境部とそのOB。このチームワークにより、目標の3分の2まではあっという間に到着。残りは立つのもやっとの斜面なので、各自で草を刈りながら、方位だけ確認しながら尾根に到着。時間は14時を過ぎていましたが、全員で記念撮影。達成感のある一日になりました。また、参加してくれた生徒の感想もご紹介したいと思います。
宮村 連理(本会、副理事長)
 今回の活動は森の中の「測量」を行いました。 私は実際に方位や距離を調べ、そこから区間を特定するという作業を中心に行いました。前回参加した活動では、木の伐採や植生調査など、常に頭を使いながらその時々にやらなければいけないことなどを考えながら行動していました。 今回の作業は機械の操作こそ単純でしたが、いざ測ってみると木や草がジャマだったり、うまく機械が水平にならなかったりと、1回の測量でもすべて同じということはありませんでした。また、山の斜面をのぼりおりする時は、バランスが取れそうな場所を探しながら歩いたり、周りの木やツルにトゲがないかを確認しながら歩いたりと、いつも以上に注意深く周りを見る事が、自分の命や体を守ることにつながるということを、感じました。
 特に自然の中で活動するときは、普段意識しない「注意力」が必要だと身をもって実感しました。次回の活動では、今回学んだ知識や注意力などを意識しながら行っていきたいと思います。
永田 桃夏(東京学芸大学附属小金井中学校2年)
 今回の課題研究は人生初の測量をした。測量と聞くと道路で作業をしているというイメージがあったが、今回は自分が実際に山の中に入り本格的な測量をした。事前に本などで予習はしていたが、実際に森に入ってみると足場も悪く予想以上に大変な作業であることが分かった。今回は、あいまいになっている森の境界線を見つけるというテーマで活動していた。
 測量という作業の中でも測量器と、目印になる杭を打つために置くポールを上手に合わせるのが難しかった。最初は悪戦苦闘していたが何回か行うことで目安の十字の印も見えるようになり作業をスムーズに行えるようになったと思う。普段人が何十年も手をつけていない森の中で活動することはないので特別な経験になった。家に帰ってどっと疲れがでたので身体をたくさん動かせたのだと思う。今回の測量をもとにテーマのまとめをしていきたい。次山を登るときは今までと違う目線で森をみられそうだ。
押木 七海(東京学芸大学附属小金井中学校2年)
| kitasagami | 森をつくる、定例報告(知足の森) | 11:08 | - | - |
定例活動報告 第452回 (知足の森)
 今月の活動は、知足の森のメイン区画からひとつ尾根を挟んだ小原側の境界線の調査。片側の境界線は尾根なので、前回までの調査でほぼ確定していて、反対側の境界線、残念ながらヒントなしでの調査となりました。いつも通り、ハンディGPSがみちびきの信号を捕らえているのを確認し、ポケットコンパスを使い作業を始めました。しかしハンディGPSがみちびきの信号を捕らえているとはいっても、報道されているようなセンチメートル単位での測量には専用の高価な受信機が必要で、我々が使っているハンディGPSではそこまでの感度はありません。しかし、常に天頂にいることで他の衛星の信号を調整し、実感としては数m単位まで精度を上げてくれているようです(ちなみにこの機種はロシアの衛星も捕らえていて、補正する効果はロシアの衛星の方が強いとする情報もあったりしますが、それではみちびきが不必要となってしまうのです、、、)。そんなことを頭に片隅に測量が始まりました。今回は測量開始地点に大きなコンクリの杭があり、そこからのスタート。ポケットコンパスに始めてさわる生徒、ポールまでの視界を確保するために草を刈っていく生徒、ポールを持つ生徒に大声でちょい右、行き過ぎなんて声をかけながらチームワークでの測量。この日は公図でひとつ分の区画の角を発見し終了した。学校に戻ってからGPSのデータを確認すると緯度経度にほとんど誤差がなかった。やはり最初の開始地点の精度が重要だったようです。その後、畑に寄らせてもらい収穫の手伝いをして今回は終了しました。
| kitasagami | 森をつくる、定例報告(知足の森) | 11:05 | - | - |
定例活動報告 第450回 (知足の森)
知足の森では森の入り口の急斜面に念願の階段づくりを行いました。このところ続けて参加してくださっている損保ジャパンの粟田さんが学生時代から階段づくりの経験がおありで、指導してもらいました。完成した階段をみなで何度も登り降りし、なんて歩きやすくなったんだろうとみなで感動。間伐や枝打ちとは違う達成感を感じました。お昼には住職さんにアイスを差し入れていただき、疲れもリセット。午後からはお寺のすぐ下の沢沿いの間伐を続けました。電線、電話線とあるので、本当に慎重に。合宿で練習してきた動滑車も見事にハマって、ほぼ完璧な伐倒。道路に倒してしまったので、総出で速攻片付け、この日の作業を終えました。来月はいよいよ小原側の所有林の境界線調査を行います。
| kitasagami | 森をつくる、定例報告(知足の森) | 10:51 | - | - |
定例活動報告 第448回 (知足の森)
 知足の森では昨年末に長福寺住職さんから相談を受けていた小原のほうにあるという所有林の調査を行いました。お寺の背後の尾根を回るように所有林をお持ちであることはほぼ調査、確定できてきました。そのなかで、本会が小原本陣の森として活動する尾根周りの一部にも所有していることがわかり調査することになりました。参加したのは中高生9名と私が学生時代に損保ジャパン環境財団で活動していたときにお世話になっていた粟田さんと私。我々が持っているのは所有林の地番枝番、制度がかなり怪しい区分図、ハンディGPSなどの測量具。今回強力なツールになったのは、以前この当たりを別件で歩いていた川田理事長のルートデータ。まずこのルートデータで森の入り口、取りかかり口がわかりました。しかし、ルートが被っていたのは入り口の入り口だけでした。それでもそのルートデータが区分図の境界線沿いをかなり正確に歩いているので、長福寺所有林の入り口の角はすぐにわかりました。同時にコンクリート製の大きな杭も発見し、所有者ごとの境界線であることはすぐに判明しました。しかし、そこからが大変。所有者である住職さんですらほとんど把握していない、つまり手入れがされているはずがないわけですから、なかなかの荒れよう。スギヒノキ中心の典型的な森ではありますが、木の密度はそれほどでもなかったようです。そのかわり、雑木や竹まで一部侵入しているので、この先10m進んでみようと、メジャーで測りながら、木を切りながら、予定している30m弱進むのに1時間以上かかりました。境界線の一部が高速道路と接しているためそれ沿いに歩き、ここまで行けば反対側の所有者との境界線というところで、森が開けてきました。我々が頼りにしているGPSは準天頂衛星「みちびき」からのデータを受信できるのですがこの日のデイタイムは天頂にいないときで精度がイマイチ。従来の古いGPS2台も予備で投入し、確認しながらでした。ところが、この森が開けたところで、電波が一気に強くなり、現在位置、地図上での予定位置、高速道路で決めていた目標物が一気に一致し、同時に少しせり出した尾根という地形的にも全てが一致しました。ここで尾根沿いに境界線の最後のポイントを探しに斜面を登り始め、無事に目的地に。これで所有林の南側、西側の境界線が判明しました。あとは東側。こちらはかなり複雑でまだまだ調査が必要ですので、これからもタイミングを見て調査をしていきます。次回は9月を予定しています。
| kitasagami | 森をつくる、定例報告(知足の森) | 23:37 | - | - |
定例活動報告 第446回 (知足の森)
 知足の森では広葉樹林の除伐を続けています。今回は望星高校OBOGも参加してくれての16人。三鷹二中からも新1年生が参加。先輩から斜面での身のこなし、安全確保の方法、ノコギリの使い方、切った枝をどう処理していくか、声かけの仕方などを教わり挑戦。最初は斜面にしがみつくようだった中学生もすぐに慣れてきて、これは切っていいですか、と積極的に声をかけられるようになっていました。一方、高校生以上の手練れのメンバーはどんどん作業を進めていき、道路脇からも森が明るくなってきたのがわかるほど。沢のすぐ上の斜面の作業を続けていますが、沢沿いの道路より森が長福寺所有林になる、と認識していたのですが、通りかかった地元の方から道路ギリギリは市有林の可能性があるというアドバイス。作業後に公図で確認する限りでは道路まで所有しているように見えますが、今後確認作業をしたいと思います。この斜面での作業はなかなかに負荷が大きい仕事ですので、7月からの暑い季節はいったい終了し、9月以降涼しくなったら再開したいと思います。その間、小原側の尾根にさらなる所有林をお持ちだと判明しましたので、そちらの調査もしていきたいと思います。
| kitasagami | 森をつくる、定例報告(知足の森) | 23:33 | - | - |
定例活動報告 第440回 (知足の森)
 3月5日の知足の森では長福寺、野呂さんから依頼されていた沢沿いの作業を進めています。前回までで勢力をふるっていた竹を一通り刈ってしまっていたので、今回は中学生、高校生でも自力で間伐できるようなスギ、ヒノキを作業しました。受験が終わった3年生が多く参加してくれたので、20名近くを3つに分け、順番に作業して行きました。受け口をつくり、大人が確認をして追い口を入れて倒す、倒した木を駐車場まで引き上げ玉切りにして整理する。花粉もまさにトップシーズンでマスクに保護メガネにフル装備の生徒も多かったです。スギを倒すと黄色い粉がぶわっと広がって、それを見ただけでも体中かゆくなるような活動日でしたが、そんなことにもめげずに計6本の間伐を無事に終えました。3年生はこれまでの活動の集大成だったと言える手際のいい、見事な仕事をしてくれました。来月から高校生として、どんな新入生の指導をしてくれるか今から楽しみです。
| kitasagami | 森をつくる、定例報告(知足の森) | 09:09 | - | - |





      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
最近のエントリー
カテゴリー別エントリー
アーカイブ
緑のダム北相模 サイトメニュー