月2回の定例活動など、緑のダム北相模のさまざまな活動を紹介しています。
定例活動報告 第439回 (嵐山の森)
 嵐山活動報告です。わたしたちForest Nova☆は、さくら祭りでお箸づくりをするので、そのための木材処理を行いました。また、Forest Nova☆以外にも林さんという初参加の方がお手伝いをしてくれました。
 私たちは、モマハウスの木材置き場にあった木材をのこぎりで切り、それを鉈で細長い木の棒にしてカッターで角を取りました。カッターが一つしかなかったのでローテーションで作っていきました。カッターで角を取ると四角だった、木の棒が鉛筆のような形になり、これがお箸になっていくのだと改めて認識しました。お箸を作ってもらう人たちには、長くこのお箸を使ってもらいたいなと思いが自然に沸き上がりました。さくら祭りでは、この手間をかけたお箸をぜひ作っていただきたいです。
 また、木工班の作業もお手伝いさせていただきました。鳥居が完成し、着々と木材置き場が完成してきており、初めて嵐山に時からかなり時間が経過したんだなと感じました。
 鳥居の近くにも時の経過を知らせるものがありました。タラの木の芽が少し緑色に色使い始めていました。冬が終わり春に近づいてきていると身をもって感じました。
 もう少し暖かくなったら、山菜取りを定例活動でやってみてもいいかもしれません。(報告:五味輝史)
 その木工斑は柱2本の根本を加工し、それぞれコンクリート土台との嵌合を確認。森林整備班の応援を得て、小梁を鳥居に組み、両柱同時に建てた(鳥居が3組完了)。
 既に加工済みの長梁1本を加工場から運び、3組の鳥居の上に乗せ、反工房側のホゾに無事に組込みが終了した。ようやく乾燥小屋の骨組みが見えてきた。次回3月は、残り1本の長梁(工房側)の上架を予定。(報告:川田浩)
 森林整備班は川田晃氏、岡田繁氏、石井明夫氏、小林の4名。少し寒さは残るが、好天に恵まれた朝であった。季節が春めいて来て芽吹き始めると、本格的な森林整備の仕事が始まる。2月初旬であり本日はサポート隊として活動することとした。
 井伊氏の葬儀の関係もあり、お花畑班の方や木工班の方の参加が少なく、森林整備班は木工班とお花畑班のサポートに分かれて行うこととした。木工班は長谷川大工の参加もあるので、資材置き場の建設ピッチを速めるため何としても本日梁を上げることを目標に飛び入り参加も含め全員の力を結集して作業に入った。お花畑班は、本格的に竹で柵を作りシュロ縄は「男結び」にこだわり職人感満載の花畑作りに没頭した。特に今回は「男結び」の徹底を行ったようである。
 午後から、地球環境部の要請で、かかり木の処理を頼まれたので、一旦森林整備班を集め全員で架り木処理に向かった。スギの上部の1/5くらいの広がった枝が同じようなスギの枝にしつこく絡んでなんとも厄介な状況になっていた。午前中はチルホールを使い引っ張ってみたり、幹の下部のダルマ切りを試したりしたが、むしろ強く絡んだ結果になっている。
 基本的にダルマ切りした幹が土に深く埋まって抜けない状態に固まっているので、引き続き幹の下部をもう一段ダルマ切りし今度は土に潜らない様にうちゃることを考え、玉切りで木が落ちる時に跳ね上がらないように固定した。後は、5mくらいの処にロープを掛け東側に引き、2mくらいの処にロープを掛け西に引く体制を取り、チェンソーで徐々にダルマ切りに入り、最後の芯が残った当たりでチェンソーを止め、東側と西側で「ヨイショ!ヨイショ!」の掛け声を合わせ左右に揺さぶると芯がメキメキと音を立て始めたため、跳ね上げ固定のロープを強く引くと、ゆっくりとダルマ落としが完成し、かかり木がスッと抜け落ち倒すことができた。今回の作業で得た教訓は多少芯を残し安全を確保しながらロープで揺さぶり徐々に枝を抜くという作業を習得できた様に思う。約30分の作業時間で処理できたのも参考にしたい。
 その後、午前の持ち場のサポートを続けた。木工班の念願の梁の棟上げも皆さんの恊力を借り完成できた。(報告:小林照夫)
 生命の森宣言東京の参加者は2名(午後は1名)でした。人数が少ないこともあり、木工班の作業に参加させていただきました。木工班の丁寧なものづくりは、たいへん楽しく興味あるものでした。午後は、地球環境部の作業で発生したかかり木の処理のお手伝いをしました。天候に恵まれ、楽しい1日となりました。(報告:田崎泰生)
 地球環境部は今月は試験前ということもあり参加者少なめの11名。ただし今月は私が学生時代にお世話になっていた損保ジャパンの社員の方が東京に戻ってこられたということで参加。なんとも心強い。地球環境部もその方が所属されていた部署の名前から頂戴している。木を植えるより、木を植える人を育てよう、という同社の思想を受けついでいる我々地球環境部が活躍するところをぜひ見せたい、という心意気はあったものの、先月の掛かり木がちっとも外れず。滑車、チルホールなども使ってあっちに引いて、こっちに引いて。がっちりと木の先が喰い込んでしまっている。午後から森林整備班のみなさまに手伝ってもらうと外すことができた。様々な道具の使い方、引っ張る方向などは間違っていなかったが、やはり根本的なパワー不足。タイミングが合わないという大きな課題が残る。しかし外れてからはあっという間に玉切り、集材が終わり森もきれいな姿に。来月から電話線周りの間伐を再開していきたいと思います。(報告:宮村連理)

 報告編集はForest Nova☆五味が担当させて頂きました。来月こそは、朝の体操を立派に果たして見せます!
| kitasagami | 森をつくる、定例報告(相模湖・嵐山の森) | 21:58 | - | - |
経営運営会議 議事録
【1】定例活動
A相模湖・嵐山の森
(1)2月19日(第3日曜日)定例活動予定
◎定例活動:
 [1]森林整備班:(林内整備)
 [2]花畑班:整備。・養蜂班(花畑班・フォレストノバ・生命の森共用の袋を設置(混合ガソリン+オイル購入)
 [3]木工班:材の刻み継続。
 [4]地球環境部:高井戸中、三鷹第二中10人、望星高校5人
 [5]フォレストノバ3人、製材、チェーンソーの扱いはどうするか
 [6]生命の森宣言:数人
◎グッドライフアワード取材(三軒茶屋ファクトリーの寄本氏)4月に延期
◎戸山高校OBが木工班に参加予定。

(2)3月19日(第3日曜日)定例活動予定
通常通り、地球環境部活動なし

(3)その他
 [1]嵐山使用計画書の確認(石村)
 [2]エコ紙食器:使用について(嵐山の食器の衛生管理、有料化としてエコ食器使用の提案、サンプル提示)

B小原本陣の森
(1)2017年2月5日(第1日曜日)実績
 [1]AM:小原の基地撤去準備:倉庫内片付け&トイレ調査(移転先、作業方法・作業量の検討)(川田)
 [2]PM:「弁天橋調査(川田)」
 [3]15時〜:萩山でフォレストクラスの活動に参加
 [4]17時30分〜懇親会(ごん兵衛)
◎2月13日(火)10時に津久井合同庁舎で打合せ。(石村、宮村、川田)

(2)3月5日(第1日曜日)定例活動日予定
 [1]基地撤去開始、道具類移動(軽トラ使用)3月1日に作業開始
 [2]トイレの撤去、業者を検討

(3)以降の活動予定
4月2日(日)桜まつりで中止(相模原市役所第2駐車場)
5月2日(日)基地周り退去仕上げ

C知足の森(長福寺)、地球環境部
(1)2月5日(第1日曜日)
竹林整備
(2)3月5日(第1日曜日)予定
◎竹林・沢整備

Dフォレストクラス(森と暮らす)
2月5日(第1日曜日)小原定例(萩山)
◎萩山の整備は3月に終了予定(あと2回程度)入山の作業内容と合わせて打合せ。
◎入山については、森林組合の長期受委託制度との関連などの確認が必要。(2月14日13時津久井郡森林組合と情報交換)
◎二藤氏、作業委託内容確認。

E麻布大学との基本協定(知足の森、GPS記録)(宮村)
施設使用協定書(会議室)の提出:石村⇒原田⇒麻布大


【2】イベント&地域活動
(1)桜まつり:参加団体決定。
 [1]フォレストノバ:参加内容、担当者が決定。
 JFIKとの協働は?(参考:JFIKのネイチャークラフト講習会3月17日(金)18時参加費:500円)
 ・場所:神奈川県民活動サポートセンター/横浜駅から徒歩5分
 [2]フォレストクラス:参加内容は?成立〜活動紹介?緑のダムのブース内?
 [3]積み木対応、三鷹二中から学芸大へ
 高さ2m、2t車で2階に上げられるか

(2)1月28日小原宿活性化協議会。小原ファンドの御礼。
(3)長谷川さん木工指導、三鷹二中で2月28日
(4)2月12日流域協議会打ち合わせ

【3】理念活動、会議、補助金他
(1)サプライチェーン:相模川流域〜下流(鎌倉)(石村)
(2)補助金申請3月下旬にかけて結果通知

【4】関連組織
(1)森・モノ研:[1]積み木[2]製材所[3]集成材
(2)WB(ウッドバンク)
 [1]3次元計測:再計測/データ利便性の向上作業中(⇔秩父)
 [2]弁当箱:(⇔能代)

【5】事務局・組織・会計の体制
(1)ニュースレター原稿(宮村)
若者の森原稿をシリーズ化[1]知足の森[2]フォレストノバ[3]フォレストクラス
(2)定款改定(案)作成済。予算(案)の作成検討:石村・川田
| kitasagami | 経営運営会議事録 | 22:00 | - | - |
定例活動報告 第438回 (小原本陣の森)
 午前は小原本陣の森の基地移動の為、倉庫内の道具の片付けを行った。小原の森の活動区域が移り、倉庫の位置が活動に不便なため、倉庫を移すことにした。倉庫の新しい位置は、今後の活動の様子を見て決める。
 午後は弁天島の調査を行った。弁天島の廃屋の撤去について、地元と行政から打診があったので、現地視察調査した。
| kitasagami | - | 21:57 | - | - |
定例活動報告 第438回 (知足の森)
 今回も前回に引き続き、長福寺すぐ下の沢の斜面の整備をしました。前回まででかなりきれいになってきましたが、まだまだ竹が多く見通しが悪かったので、まずは竹をすべて刈り払ってみて、その後間伐するものを決めよう、ということになっていました。当日は夕方から雨の予報も出ていたので、少し焦る気持ちもありましたが作業に取りかかりました。
 普段から学校の近くの国立天文台で竹林整備をしているとあって、竹の作業には慣れたもので、竹を切り出して道路脇に出す生徒、それの枝を払い、ある程度の長さに切っていく生徒、それらをきれいに並べていく生徒と分担ができ、どんどん見落としがよくなってきました。この日は長福寺で地域の方の集まりがあったようで、参加されている方から自分の畑の資材にしたいので、と竹の太さ、長さを指定してのリクエストがあり、有効に活用してもらえるなら、と中学生も頑張って作業をしていまいした。

 お昼を挟んで作業は進み、もう一歩というところで雨がぱらぱらとしてきました。しかし、本当にあと一歩というところでしたので、中高生たちに気合いを入れて、一気にやってしまいました。そのかいもあって沢の斜面の手前から対岸の斜面まで見通しがよくなり、長福寺の住職さんも喜んでおられました。来月からはいよいよ間伐を始めたいと思います。まずはシュロなどの雑木を整理し、見通しがよくなりそうなものから選木して作業したいと思います。

 またこの日は7、8年前に望星高校の生徒として森に参加し、社会人になった岡田さんとその中学のときの友人も参加してくれて、にぎやかな活動になりました。中学のときの友人は東京都の環境局に勤められているということで、中学生の環境活動に興味が会って、という参加でした。フィールドは東京にないのですが、参加する生徒はみな都民ですので、そんなつながりを今後は深められたらと思います。
| kitasagami | 森をつくる、定例報告(知足の森) | 21:54 | - | - |
定例活動報告 第437回 (嵐山の森)
 今回の編集もForest Nova☆五味が担当いたします。一年間参加させていただき、やっと顔と名前くらいは覚えて頂けたように思います。今年も楽しく活動できるよう頑張ります。
 まずはForest Nova☆活動報告です。今回は桜まつりのための材木の処理で皮むきと、カブトムシ牧場作りの続きです。皮むきでは木が凍っていて、かき氷を作っているようでした。カブトムシ牧場は木の葉がちゃんと分解されるかどうか少し心配。ビニールシートを掛けて様子を見ることにした。今年は森の活用をテーマに、切った木から落とした枝で炭づくりなどを計画しています。乾燥した杉の葉は焚き付けに利用できるかも。
 ForestNova☆の活動は最近停滞ぎみ・・・。今年はもっと活動を盛り上げていけるように頑張ります。

 生命の森宣言東京は1月の参加者は4名でした。冷気と静けさに包まれた嵐山A地区は、数年前に比べてスギ・ヒノキが一回り以上も大きくなった印象です。雪害で穴が空き、欝閉(森林で隣り合う林木の樹冠が相接してすき間がなくなった状態のこと)が破れた部分もありますが、将来は広葉樹が埋め合わせしてくれて針広混交林になるのでしょうか。樹下に植栽されたトチノキの冬芽が輝いていました。春を待つ若木に参加者全員が元気付けられました。今月の作業は、昨冬の雪で曲がり木になり回復できなかったヒノキ一本を間伐、枝払い、玉切り。4人で入口付近の沢の橋まで運搬しました。丸太の重さは身体の奥に眠っている力を引き出してくれました。歩道を巡回し来月の修理を予定して作業を終えました。(報告:菅原修)
 木工斑は、人数が足りないため、午後から森林整備班に応援に来てもらい作業した。柱の根元を加工し、コンクリート土台に嵌め込む部分を削ったが、材の外側が腐り始めていた。腐った部分を除去し、硬い心材部分を土台の穴に合わせた大きさまで削り、作業を終了とした。来月はもう一本の柱の根元を削り、柱2本を建て、梁を上架する予定である。(報告:川田浩)
 地球環境部は、今月からいよいよ電話線周りの間伐に取りかかった。伐倒方向を誤って電話線を切ってしまわないためにはチルホールによる誘導が必須である。そこで、フォレストクラスのプロ2名から指導をいただいた。1本目はつきっきりで教えてもらい、2本目は自力でともに無事に狙った方向に倒すことができた。3本目は狙った方向に倒れたものの、少しずれて掛かり木になってしまった。木廻しベルトを使ってチルホールを使ったが滑車が引っ掛かっていることに気づかず中学生が無理に力をかけてしまったのでロープが切れ、外れた滑車が生徒の足に当たってしまった。大きなケガにはならなかったが、いわゆるヒヤリハットであった。望星の森を始めて12年、地球環境部として7年活動して初めてのことだった。中高生という判断力や想像力が未熟なメンバーを多く抱えている我々にとってどれだけ危険を予測できるか、大きな課題として残った。(報告:宮村連理)
 恒例の新年の安全祈願から平成29年度の活動が始まる。森林整備班の本日の取組みは、電線近くの立木を電線に架らぬよう伐倒する方法を中高生に教えること。午後からは木工班で、資材小屋建築の柱立てを手伝う。さらにお花畑班では竹垣造りの手伝いをするなど、人員不足を補うための助っ人が本日の作業となった。電線近くの立木の伐倒作業は、絶対に電線に架ることの無いよう注意して伐倒することが最重要であり、電線と反対側に伐倒するためにチルホールと滑車を今回使用した。使用方法を森林組合上がりのプロ二人に指導してもらいながら進めた。電線に対し、90度方向の立木の根元に滑車を掛け、そこから約45度方向の立木にチルホールをセットし、電線に90度方向で架り木の心配ない方向にチェンソーを入れる。この場合、ロープが架った三角形の中には決して人を入れないこと、滑車の近くやチルホールの周辺から人を遠ざけることが肝要である。一方チルホールのセットに関しては危険があるため生徒さんには教えなかった。午後からのお花畑周辺の竹垣作りについてはシュロ縄の「男結び」に最も関心があったようだ。木工班への作業手伝いは柱を基礎コンクリートに建てるためのホゾ切であった。柱になる材が長期間野外に放置してあったため、材の外側が腐りかけておりホゾを切るのが大変難しかったが、1本何とか仕上げた。森の中で安全に伐倒するための作業手順を何度も繰り返し、実践的に教えてこそ安全教育につながるものと確信した。柱立てる時カケヤで何度も強烈にたたいたため、翌日は筋肉痛がいたく残った。
 東北地区では例年に無い大雪と寒波の西高東低の典型的な冬型気候の中、嵐山では寒気も緩くその後に開催した毎年恒例の「新年会」も和気あいあいのうちに楽しく終えることが出来ました。(報告:小林照夫)

 お花畑班は今回の活動で、花壇の周りの竹垣作りをされていました。竹を材に加工されている様子が印象的でした。竹に切れ込みを入れて割る作業を、手際よく行っているのを見て感動しました。ヤーコンの栽培や竹垣作りと、色々なことをされていて、ForestNova☆も見習わなくては、と思いました。
| kitasagami | 森をつくる、定例報告(相模湖・嵐山の森) | 21:55 | - | - |
経営運営会議 議事録
【1】定例活動
A 相模湖・嵐山の森
(1)1月15日(第3日曜日)定例活動
◎定例活動:
 [1]森林整備班:木工班の手伝いを
 [2]花畑班:整備
 [3]木工班:柱加工の継続/コンクリートブロックに差し込む柱下部の加工(2本)。
 [4]地球環境部:高井戸中5人、三鷹第二中10人、東海大望星高校0人、東海大高輪台高校2人、チルホール練習
 [5]フォレストノバ:3人、倉庫整理結果報告、代金請求をする、間伐材の整理
 [6]生命の森宣言:数人
◎神様に安全祈願(朝礼前)
◎新年会(16時〜、会場交流会館2階「青林檎」):司会/フォレストノバ・伊藤さん(森のコンサート延期:3〜5月?)

(2) 2月19日(第3日曜日)定例活動
通常通り
グッドライフアワード:取材(三軒茶屋ファクトリーの寄本氏)3月に延期
(3)その他
 1)報告、鈴木史比古さんが昨年12ご逝去
 2)嵐山使用計画書の確認必要
 3)流域協議会(上流、山梨)から参加、若者の活動を視察

B 小原本陣の森
 (1)1月1日(第1日曜日)
 松の内は、山の神様の邪魔をしてはいけないので作業なし
 (2)2月5日:
  ◎石井さんから竹林整備を頼まれ、12月に実施

C 知足の森(長福寺):地球環境部(三鷹第二中学)
 (1)1月1日は休み、1月9日臨時活動、調査結果報告、フォレストノバの参加希望
 (2)2月5日:(第1日曜日):竹、シュロの伐採、調査残り少し
  ◎長福寺さんからの沢の整備についての回答は皆伐希望だがまずは50%で

D ForesTo Class(森と暮らす)(ノバOB/OG)活動。
 (1)(報告1)12月18日嵐山:イベント:参加14人、スウェーデントーチ)(二藤)
 (2)(報告2)2017年1月1日(第1日曜日):活動なし
 (3)1月15日(第3日曜日)嵐山定例活動予定、3人参加
 (4)2月5日(第1日曜日)小原定例(萩山)
  ◎萩山の整備は3月に終了予定。入山の作業内容と合わせて打合せが必要。
  ◎入山については、森林組合の長期受委託制度との関連などの確認が必要。(2月中旬)
  ◎二藤さんに作業委託内容確認

E麻布大学との基本協定:(知足の森、GPS記録)(宮村)
 ◎施設使用協定書(会議室)の提出:石村⇒原田⇒麻布大

【2】イベント&地域活動
 (1)桜まつり:参加団体募集連絡(1月12日予定)
 (2)12月10日小原宿活性化協議会(AM:孫山ハイキングコースの落ち葉掃除、PM会議)(川田参加)

【3】理念活動、会議、補助金他
 (1)サプライチェーン:相模川流域〜下流(鎌倉)(石村)
 (2)補助金申請(イオン1月下旬、TOTO2月下旬、積水ハウス2月、年賀助成3月、自然保護大賞落選、三鷹市教育長表彰予定)
 (3)チェーンソー講習費補助、フォレストノバ対象

【4】関連組織
 1森・モノ研:[1]積み木/ふるさと納税返礼品登録[2]製材所[3]集成材
 2ウッドバンク(株)12月1日設立手続き
 (「Forest Info」「林サ研」+(株)TSプランニング(H18年12月4日設立)の統合再編)
  (1)3次元計測:再計測/データ信頼性の確認作業中(⇔秩父)
  (2)弁当箱:方針確認中(⇔能代)

【5】事務局・組織・会計の体制
 ◎ニュースレター原稿(宮村):若者の森[1]知足の森[2]フォレストノバ[3]ForesTo Class、原稿は順調だが写真記録を確実に残す方法を考える
 1月10日(火)定款改定(案)、予算(案)の作成検討:石村・川田
| kitasagami | 経営運営会議事録 | 22:03 | - | - |
定例活動報告 第436回 (知足の森)
 本会では1月第1日曜日は森のしきたりにより定例活動を行っていません。そこで知足の森の活動は次の週に臨時活動として行いました。

 今回は年末から打ち合わせを続けている長福寺すぐ下の沢ぞいの対応について住職さんと打ち合わせ、作業を行いました。午前中は参加する中学生の学校の生徒会で自然素材のペットボトルキャップ回収箱を作りたいということで、地球環境部のメンバーに生徒会役員がいたこともあり、知足の森広葉樹区画の枝の太さがちょうどよく、しかも無尽蔵といえるほど持って帰れると聞いての参加でした。生徒会のメンバーは必要十分な量持ち帰れたのでよかったかと思います。慣れているメンバーはどんどん作業を進め、ちょっと太くてこれはという木は私の方でチェーンソーで処理するという形で結局いつも通り、萌芽更新しっぱなしの枝を減らす、という作業でした。しかしお昼前に明らかにチェーンソーが切れなくなり、お昼休みに目立てを行わないといけないレベルでした。広葉樹の固さを実感しました。午後からは公図とポケットコンパスを使って、沢沿いの長福寺所有地を確認しました。公図では沢沿いにスギヒノキが植わっているところが2カ所に所有が分かれており、当初北側だけが長福寺の所有と聞いていたので、じゃ南側は?となってしまうところまでは正確に測量できていました。その後、住職さんにお願いしていた所有林すべての地番が書いてある資料を見せていただき、南側も所有されていることがわかり、前回までにナンバリングした100本すべてが作業対象であると確認できました。その後、道路から見えるところの竹を総出で切り出しました。測量も楽しそうにあれやこれやとやっていましたが、やはり作業が一番おもしろいようで、次から次へと切り出し、平坦なところで枝を払い、端のほうできれいに積んでいくという流れ作業が自然にできていたのはさすがという感じです。また普段は参加していない生徒会の生徒の前でちょっといいかっこうしてやろう的な雰囲気もあり、またそれも微笑ましくも中学生らしい、自分たちの活動へのプライドがあるんだなと実感する一日でした。竹はもう1、2回の活動で処理し終えそうですので、加えてどこからか生えてきたシュロ数本を切ってしまえば、いよいよ間伐作業に入れるのではないかと思います。住職さんとも間伐量を相談していますので、その数の分、まずは選木からしていきたいと思います。選木の際にはフォレストクラスのみなさんにしどうしてもらいながら、選木講習会と勝手に想像しております。
| kitasagami | 森をつくる、定例報告(知足の森) | 21:51 | - | - |
定例活動報告 第435回 (嵐山の森)
 今月の嵐山の報告です。今回はフォレストノバ五味が担当します。森林整備班は3名で活動。今回は石村理事長からの要請もあり、山のコンサートクリスマスバージョンVol1を川田晃氏、伊藤女史、小林で「ギターでクリスマスソングをみんなで歌おう!」を準備したが、山主の鈴木氏が15日亡くなられたとの訃報に中止を判断した。夕方よりの通夜に参列することになった。
 活動は、午前中はお正月を迎えての主要経路の整備活動とし、午後は下草刈り用の大鎌20本の刃の研磨並びに普通の鎌10本の研磨を終了し、春からの活動に支障が生じないよう準備する。基地の周りの道路を中心とした落葉の片づけの補助という目標で活動した。午前中の主な作業は水源林の鬱蒼としたハリギリの大倒木が前から気になっていたので、今回一気に取り除く作業を行った。森林整備班以外にNOVAの学生2名の手伝ってもらい見違えるような景色になった。昼食時間はForesToClassの若者による丸太ストーブや空中ハンモッグの実演があった。
 午後は、命の森宣言の2名に加わってもらい大鎌の砥石を使った研磨を行った。100円均一で購入できる砥石を使ってケガをしない研磨技術を伝え、手分けしてかなりのスピードで多量の鎌の研磨を終えた。水を使うので日が落ちてくると手の冷たさがいささか堪えたが皆さんが楽しそうにやってくれたので良かった。来春鎌を使う人は切れ味のいい鎌で作業ができることを想像しながら作業したそうです。(感謝)チェーンソーもそうですが、使用後には整備して道具を片付ける習慣を根付かせたいと思います。
(報告:小林照夫)
 木工班は先月に引き続いてのホゾ加工である。長谷川さんの指導を受け、2本の丸太柱のホゾと太鼓梁のホゾ穴をそれぞれ合わせて仕上げ加工を行った。柱の基礎部の四角加工までは進めなかったため、残念ながら年内には柱全部を立てることが出来なかった。太鼓梁に入れてあった墨の線が不明瞭になったため、長谷川さんは「ちょうな(釿・手斧)」で墨入れ面を、気持ち良いリズムできれいに再仕上げして、芯墨を入れ直した。
(報告:川田浩)
 生命の森宣言東京では今月の参加者は3名でした。引き続きA地区の除伐を行いました。作業をすすめていると、トチノキを下木に植栽している上部にもスギ・ヒノキが少なくなった凹地があるのに気付いたので、トチノキを植えて混交林にするのも一案?と会話が弾みました。ところで、A地区のスギに不思議な皮剥がありました。動物が人の背丈位の高さのところをいたずらするでしょうか?
(報告:菅原修)
 お花畑班は班長の丸茂さんが急用で不参加となり、岡田、滝澤、石原の3名で活動。
 まず、小原の畑から届けられたヤーコンのうち小粒のものを、来春の植え付けに備えて仮植えした。その他の立派なヤーコンは、多数の持ち帰り希望者に配られた。その後はもっぱら道路の落ち葉掃きを中心とした清掃作業に取り組んだ。集めた落ち葉の一部は、カブトムシ牧場(堆肥作り)に積み込む。
 午前中はお花畑と基地の間の道路、午後は県道と県道から基地への上り道を清掃。県道についてはこの間に行政による道路清掃が行われたらしく、落ち葉の量は昨年と比べると格段に少なくて楽だった。作業はおもに熊手と竹箒で行うが、さらに今回はハンディなブロワーを使用することもできたので、少人数ながら作業が捗った。
(報告:石原邦雄)
  ForesTo Classは12月18日は「森の体験型イベント開催」として、森で楽しむ実践間伐を行いました。スタッフ含めて参加者は13名となりました。相模湖(嵐山)のフィールドを主体とした森林整備体験に楽しさをプラスして活動の動機付けを行い、活動の輪を広げることを目的とし、以下のプログラムを内容としました。
 [1]間伐の説明、[2]間伐体験、[3]スウェディッシュトーチ料理(※スウェーデン式の丸太ストーブの意味)、[4]森でハンモック体験、[5]ワークショップを2班に別れて、各班1本ずつ間伐を行い、昼には丸太ストーブを使いビーフシチューを堪能していただきました。午後は森林浴を兼ねてハンモック・ハンモックチェ ア専門店すさびの方とコラボ企画として、森でハンモック体験を組み込み、新しい森の楽しみ方を演出しました。参加者の声として、漢字一文字で感想をいただいております。
初:すべて初めての体験づくしで良い経験となった。
森:森林の事を掘り下げて知ることができた。
共:森林と人間が共生していることを改めて実感できました。
活:今回の活動で得たことを活かせるようにしていきたい。
倒:実際に木を伐る迫力に圧倒されて感動した。
戻:子供の頃、自然で遊んでいた感覚に戻り楽しめた。
今後も森林の価値向上と新しい価値を見つけられるようなイベントを行っていき、森の仲間を増やせるような入口としていきたいです。(報告:滝澤康至)
 今月の地球環境部は三鷹二中に加え、高井戸中の卒業生の高校生、東海大高輪台高校でSSHの現地実習から興味を持ってくれた生徒さん2名と大所帯での作業となりました。年末ということもあり、林内を一通り整理しながら、動滑車による掛かり木の処理について検討することにしました。まずは先月倒したところで終わっていた2本の枝払い、玉切りを行いました。今月ばかりは年内で整理するという目標があったのでやれるところはチェーンソーで作業しました。人数も多く、時間のかかる玉切りも動力を使ったのであっという間に終わり、さらに間伐を続けることになりました。1本目、2本目と順調に倒し、動滑車の出番はないかと思いきや、3本目が掛かってしまいました。高校生数人で引っ張りましたがなかなか動かず、予定通り(?)動滑車をかますと、これがあっけなく倒れ、そのパワーに高校生もあっけにとられました。掛からないことが一番ですが、今後チルホールもフォレストクラスのみなさんにご指導いただき、組み合わせれば懸案だった電話線周りの木も間伐できそうです。来年から取り組んでみたいと思います。(報告:宮村連理)
 さいごにForestNova☆活動報告。午前中は参加者が少なく、森林整備班のお手伝いをさせていただきました。午後には今回の参加メンバーが無事に全員集まり、カブトムシ牧場の作業に移りました。午後の大掃除で集まった落ち葉を木の囲い一杯に詰めました。かけやが壊れていたため囲いの修復に時間がかかりました。もっと定期的に整備しておけば、こんなに大変じゃなかったんじゃないかな・・・と思いました。
| kitasagami | 森をつくる、定例報告(相模湖・嵐山の森) | 22:41 | - | - |
定例活動報告 第434回 (知足の森)
 知足の森は定例活動日前日の3日に臨時活動として行いました。山主の長福寺さんからお寺すぐしたの道路に倒れかかっている巨木がありなんとかならないかと相談があり、同時に森も暗いので優先的に取り組みたいということで今回はお寺から近いところでの作業となりました。面積的には0.2ha程度なのでたいしたことはないと踏んでいたのですが、沢沿いということもありかなりの急斜面でした。よって、参加した中高生を作業ができ、斜面でもやれるというメンバーと、無理そうだというメンバーには違う仕事を割り振り、まずは現況の確認、ナンバリングを行いました。
 これまでにも竹の除伐をしていたので、慣れてはいる場所ではありましたが、今後の倒木処理もあるので全ての竹を伐ることにし、竹を切るチームと毎木調査のためのナンバリングのチームに分かれました。ナンバリングのほうはあちらこちらに移動しながら声をかけあわねばらならないのでチームワークが要求されるなかなか難しい作業です。午前午後と順調に作業をすすめ約100本のスギヒノキがあることがわかりました。例によりどこからか生えてきたシュロも数本あり、こちらも伐ることにしています。今回のデータをもとにきちんと計算すると833/haとなり、径も大きいこと、森がかなり暗いことからも半分程度は切ってはどうか、ということになりそうです。また4日の小原の森定例活動後にはフォレストクラスのプロ2名、森林整備班も合流し、さらに詳細に下見を行いました。その結果、電線や電話線も複数あり、場合によってはきちんと手続きをとっての取り外し、またガードレールについても取り外しての作業が必要になることがわかり、来月に住職さん同席のもとさらなる打ち合わせを行うことになりました。雪も心配なため、この大きな倒木は公道が通れなくなる可能性もあるので、相模原市などに連絡し、対応してもらうことも含め、打ち合わせを終了しました。来月の活動日は三が日にあたるので、今月同様に臨時活動を行う予定です。また公図をもとにした簡易測量も行いたいと思っています。
 この1年間無事に作業ができたのもみなさまのご支援、ご助言、そして、活動に理解をしていただいた住職さんのおかげです。ありがとうございました。2017年も安全に配慮しながら活動を行いたいと思っております。
| kitasagami | 森をつくる、定例報告(知足の森) | 22:40 | - | - |
定例活動報告 第434回 (小原本陣の森)
小原の竹林の整備作業を5名で行った。
 作業がやり易く安全に勧められるように、過っては畑だったといわれる広場を最初に整備して、竹の伐倒方向を広場側とした。伐倒組と枝払組の2組に分かれて広場の西側から作業を進めた。竹林内では灌木を除去しながらの伐倒作業で、広場では竹の枝払いを行なった。
 枝ゴミも広場の端に並べて処理している為に手間が掛かる。30本程を処理した結果、10月に作業に着手した状況に比べると格段に明るくなった。今後、広場のすぐ奥の崖の手前までの竹は伐倒する予定である。
 全てが終わるまでは、まだ5回ほど掛りそうである。
| kitasagami | 森をつくる、定例報告(小原本陣の森) | 22:38 | - | - |





   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
最近のエントリー
カテゴリー別エントリー
アーカイブ
緑のダム北相模 サイトメニュー